【2019年版】資料作成代行サービス比較ランキングTOP10

プレゼン資料を作ったんだけどデザインに凝る時間もスキルもない。

社内資料を作成したいが時間がない、文章もうまく伝えられない。

そんな悩みってありますよね。

忙しく業務に追われる中、資料をデザインや文章に凝って丁寧に作るのはなかなか至難の業です。

とはいっても、資料作成はその資料で商品がどれだけ売れるか、社内資料ならどれだけ社員に理解してもらえるかが変わってくる重要なものでもあります。

そこで、そういった資料を専門のプロが代わりに作ってくれるのが資料作成代行サービスです。

今回は資料作成ができるサービスをそれぞれ比較していきましょう。

【関連記事】:資料作成を外注できるサービスはいくつある?外部委託のメリット・デメリット

資料作成代行サービスおすすめTOP10

美人秘書

ではここから資料作成代行サービスを紹介していきますね!目的別に使い分けましょう!

どんな依頼も柔軟に対応できるオールマイティ型

資料作成その他諸々の雑務全般を請け負うことができるオンライン秘書サービスです。安価で高いスキルを持つ人に業務を任せることができるため、ズムーズに依頼が可能になります。

HELP YOU

まず一番オススメなのが業務クオリティが高く守備範囲も広いオンラインアシスタントの代表的なサービスであるHELP YOUです。

採用率1%の狭き門をくぐった経験豊富なアシスタントのみに絞られており、ハイクオリティな業務を低価格で提供してくれます。

美人秘書

ヒアリングも懇切丁寧に行なってくれるから資料の作成方針がずれる心配もありません。
HELP YOUの料金プラン
料金契約期間実質時給
30時間×3ヶ月300,000円3ヶ月3,333円
30時間×6ヶ月540,000円6ヶ月3,000円
30時間×12ヶ月960,000円12ヶ月2,667円

【関連記事】:継続率97%!オンラインアシスタント『HELP YOU』の口コミ・評判まとめ

【HELP YOU】の公式サイトを見る

フジ子さん

次にオススメできるのが業界最安値フジ子さん です。

オンラインアシスタントでは基本的に月額10万円がベースのところ、月額47,000円〜依頼ができます。

美人秘書

その上で対応内容やヒアリングも[HELPYOU]に負けず劣らずなので、とても優秀なサービスですね。

筆者も使ったことがありますが、とても丁寧な対応でした。

何と言っても無料トライアルがあるので、資料作成を一度試しにお願いしてみてもいいかもしれませんね!

フジ子さんの料金プラン
料金アシスタントの合計実働時間契約期間実質時給
TRIAL無料2時間/月1週間0円
PLAN2047,000円20時間/月1ヶ月2,350円
PLAN3069,000円30時間/月1ヶ月2,300円
PLAN5099,000円50時間/月1ヶ月1,980円

【関連記事】:業界最安値!オンラインアシスタント『フジ子さん』の口コミ・評判まとめ

【フジ子さん】の公式サイトを見る

パワーポイントの資料作成代行

基本的にはパワポ専用のサービスが資料作成代行業者ではほとんどになります。

パワーポイントの作業だけ単品でお願いしたい!という人はこちらのサービスでもいいかもしれません。

ドキュメントプラス

パワーポイントの資料作成を専門とする資料作成代行サービスです。

料金プランは1つに絞られており、パワポ1ページにつき料金は2,500円〜となっています。

美人秘書

わかりやすくていいですね。

箇条書きでもいいので、イメージを伝えると以下のようにパワポページを作成してくれます。

>>作成した資料一覧はこちら

パワポデザイナー

面倒なやりとりなく、簡易的にパワポ資料を依頼できるのがパワポデザーナーの特徴です。

1ページの単価は約4,500円〜とドキュメントプラスよりは少し高めですが、急ぎで資料作成したい人にとってはありがたいサービスですね。

パワポエージェント

業界では老舗のサービスであるパワポエージェントもパワポ特化型資料作成代行サービスの1つです。

パワポでのデザインに特化しており、テキストでの資料をそのままわたし、いわゆるいい感じのデザインに仕上げてくれます。

パワポエージェントの料金表

美人秘書

単価は少し高めですが、300社以上から利用されていて実績も十分なサービスですね。

在宅秘書サービスみらい

在宅秘書サービスみらいの特徴

在宅秘書サービスみらいは、Officeに特化したサービスで、Windows利用者に重宝されているサービスです。

パワポだけでなく、Word、Excel、PowerPointのいずれか、もしくは全てでの資料作成を希望する場合はぜひ活用してみてください。

在宅秘書サービスみらいの料金プラン
プラン料金実質時給
1ヶ月お試しプラン(10時間)18,000円1,800円相当
3ヶ月契約プラン33,000円/月3,300円相当
6ヶ月契約プラン30,000円/月3,000円相当
1年契約プラン27,000円/月2,700円相当

【関連記事】:在宅秘書サービスみらいの口コミ・評判まとめ!オンライン秘書サービス

【在宅秘書サービスみらい】の公式サイトを見る

クラウドソーシング型で資料作成を依頼

クラウドソーシング型で資料作成を依頼できる場合もあります。

クラウドソーシングだと個人への依頼となるので比較的安価に業務依頼することが可能になります。

ココナラの資料作成代行

ココナラ では資料作成の代行サービスも複数存在します。

個人のスキルをシェアするサービスなので、他のサービスほどしっかりした対応はのぞめませんが、その分料金も安い傾向にあります。

公式サイトを訪問して一度確認してみましょう!

美人秘書

1ページにつき1,000円くらいで依頼できる可能性もあるので費用を抑えたい人は要チェックですね!

>>ココナラ資料作成代行のページ

ランサーズで資料作成代行依頼

[ランサーズ]でも同じように資料作成代行をクラウドソースで外注が可能です。

ココナラ と違うのは、ココナラの場合受注する側のワービス提供者が公募し、それに発注側が応募するのに対し、ランサーズはその逆だからです。

なので、単価もこちらが決めて発注できるため比較的安価で発注可能になります。

応募者がくるまで待たないといけませんが、とにかく費用を抑えたいという人は希望価格でなげてみてもいいかもしれません。

【関連記事】:最短!格安!でできるパワーポイント作成代行サービス6選

【関連記事】:プレゼン作成作業の代行を依頼できるサービス6選

資料作成をするうえで大事なポイントとは

美人秘書

資料作成には以下のように種類が別れています。
資料作成の種類
  1. プレゼン資料
  2. 報告書
  3. 週報などの定時報告書
  4. 議事録
  5. 社内向け企画書
  6. 社外向け提案書

そしてこの中でも特に力を入れて作りこむのがプレゼン資料、報告書、企画書、提案書ですね。

これらの資料をいかにわかりやすく、綺麗に作れるかは資料作成をするうえでとても重要な要素になってきます。

しかし、こういった資料作成でどの要点を抑えなくてはいけないのかがわからないという人は多いようです。

NTTコムが行なった調査によると、資料作成のやり方についてほぼ半数以上が誰にも教わっていないと答えています。

また、実際にプレゼンなどで資料を使用した際に、失敗した事例では誤字脱字、文章表現、相手の意図の読み違え、見やすさなどが原因のようです。

美人秘書

この資料での失敗の原因ってなんなんでしょう?

資料作成がうまくいかない根本的な原因は大きく分けて2つしかありません。

資料作成がうまくいかない原因
  1. 時間がない
  2. ノウハウがない

どのような作りや構成が一番相手に伝わりやすいのか、デザインはシンプルな方がいいのか凝った方がいいのか。

文章や文体は何か。そもそもこの資料を作る意図はどこにあるのか。

そういったことを一度に全て把握して資料を作成するのは簡単なことではありません。

美人秘書

それを独学でやるとなるとなかなかハードですよね。

しかも、これがまだたっぷり時間をかけていいならノウハウがなかったとしてもそれなりのものは作れます。

しかし、時間がないとなると話は別ですね。

ノウハウも時間もない状態だとなかなかいい資料は作れません。

美人秘書

だからこそ、資料作成代行を利用して時間短縮と資料のクオリティをプロに任せてあげてもらうということをするわけですね。

資料作成の効率化のために代行会社を利用しよう

基本的には資料作成がメインの業務だという人はいないと思います。

あくまで2次的な仕事ですよね。

もちろん大事な仕事ではありますが、それに時間を取られて本業が疎かになるのは避けたいところです。

忙しくてどうしても時間をかけられない。資料がうまく作れない。

そういう人はプロの力を借りて資料作成を代行してみましょう。

時間も短縮できた上に、プロの技術を体感することもできるので一石二鳥ですよ。

作業する時間がないならオンライン秘書に依頼しよう!

オンライン秘書はあなたのやりたくない作業をオンライン上で代行してくれるサービスです。

資料や書類の作成、お店の予約、口座振込、リサーチ業務。またHPやSNSアカウントの作成や運用、営業、記帳などの専門性の高いところまで。ありとあらゆるオンラインで対応できる作業に対応してくれます。

事業を立ち上げるとやらなければならないことがたくさん出てきますよね。そんな中、自分が苦手な部分や忙しくてできない業務は間違いなく出てきますね。

それに要望通り柔軟に対応してくれるのがオンライン秘書サービスです。

実際に人材を雇用すると社会保険料の負担や人材募集・教育コストなどもかかってきますがそれもなく、すでに経験豊富な専門知識を有するアシスタントに仕事を依頼できます。

価格は時給換算で2,000~3,500円ほど。

可能で各サービスによって色々対応範囲も変わってきます。

この機会にオンライン秘書サービス比較一覧で確認してみてください。

苦手なことに時間と労力を使ってしまっている今の状況より、きっと業務を効率化してくれるサービスが見つかるはずです。

【関連記事】:一人社長が秘書を雇う時の注意点・メリット・デメリットについて解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。